日帰り尾瀬の楽しみ方

水芭蕉の群生や、華麗な高山植物、どこまでも続くような木道など、大自然を身近に感じることができる尾瀬は、日帰り旅行の中でも圧倒的な人気をほこるおすすめスポットの1つです。
群馬県、新潟県、福島県にまたがり、都心部からのアクセスも良好、自家用車でも気軽に行くことが出来ますが、ハイキングなどで体力を使う事を考えると、日帰りバスツアーがおすすめでしょう。ツアーといっても様々で、最初から最後までガイドが付くものもあれば、集合時間だけが決められているものもあります。

バスツアーにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

通常、尾瀬の日帰りハイキングは、初級・中級・上級といくつかのルートに分かれています。

ハイカーの殆どは、鳩待峠からスタートし、目指すポイントによって、4時間から7時間ほどの歩行となるでしょう。


ゆっくりハイキングを楽しみたいという初心者の場合は、山ノ鼻を通って牛首分岐までを目指すのがおすすめです。

また、時間と体力に余裕がある場合は、大清水、一ノ瀬、三平峠、尾瀬沼、大江湿原まで足をのばしてみましょう。

途中には沢などがあり、冷たく新鮮な湧水で喉を潤すこともできます。



また、夏はニッコウキスゲ、水芭蕉、秋は紅葉などが楽しめます。



日帰りバスツアーは、個人のプランに合わせて、朝発と夜発の2種類があります。早朝から登山やハイキングを楽しみたい方は、バスで1泊する夜発プランを選びましょう。
尾瀬のハイキングは、夏から秋にかけてがおすすめです。
5月から6月は水芭蕉、夏は、ニッコウキスゲ、秋はエゾリンドウやナナカマド、紅葉などが見ごろをむかえます。